読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぢさんもおぢさんになりました。

おぢさんのひとりごとを淡々と。

サプライズなし。

おぢさんとゲーム全般

www.youtube.com

Switchのプレゼンですね。

特にサプライズはありませんでしたよ。

 

3月3日発売で29,980円(税別)です。

値段はPS4(500GBモデル)と同じ

強気ですな。

 

ロンチタイトルは今のところ8本。

任天堂の2タイトル以外は移植

あ、ボンバーマンはどうかな?

ちょっとラインナップが微妙。

ゼルダBoWで本体を牽引するつもりなんだろうと。

ロンチでゼルダ4月末にマリオカート

夏にイカ2そして冬にマリオ

そんな感じだそうですよ?

 

サードの対応が気になったんだけど

スクエニの新プロジェクトは気になる。ちょっと面白そう。

 

www.youtube.com

イカに対抗してタコなんだろうか?(笑)

 

現在80本以上のタイトルが開発中とのことだけど

ロンチタイトルの大半が旧作の移植だし

この本数を鵜呑みにするのは危険かも。

開発中のタイトルについては

名前くらい出してもいい気がするけど

あまり出てきていないことから

メーカーもちょっと及び腰なのかもしれない。

 

性能については全然触れなかったのは予想できたことで

高性能ならその点をアピールしただろうけど、ね。

性能が低いって事はマルチ展開して貰えない可能性があって

また任天堂専用ハードになってしまうんだろうなぁ。

 

Switchを購入する人は

①Switchのみの人

②Switchと他のコンソール(PS4、箱1)の人

の大きく二通りに分類できると思うけど

①の人はPS4や箱1で様々なタイトルが出ていたのに

スルーしていたわけだからサードのソフトに関心が無いだろうし

②の人はマルチタイトルでSwitch版を選択する理由があまりない。

携帯できるのは日本では評価されるだろうけどね。

 

Switchが驚きの低価格だったら話は違ったけど

そういうことから考えてマルチ展開にSwitchを含めるのは

メーカーとしてリスクが大きいんじゃないかな?

 

それに

PS4と箱1は合計して8千万台以上市場に出回っているわけで

Switchはなかなかきびしい戦いになると思うけど

どうなんだろうねぇ。