読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぢさんもおぢさんになりました。

おぢさんのひとりごとを淡々と。

待って待って

jp.wsj.com

好調と判断するのは時期尚早なんじゃないかな?

おぢさんはそう思うわけだけど

 

来年の3月末までに1600万台生産って

記事にあるように1000万台販売するとして

WiiUにしてもSwitchにしても

国内外の販売数の比率が1:4くらいだから

国内で1年間に200万台

毎週コンスタントに4万台って

今のPS4(Pro含む)並に売れる必要があるんだけど

そんなの無理に決まってるじゃん

 

ソフトを継続的に出す必要があるから

ロンチタイトルは控えめって話だったと思うけど

それは任天堂自身開発リソースがそんなにないよ

って言っている訳だし

じゃあ、サードパーティはというと

発売から2週目のファミ通販売本数ランキングでは

ボンバーマンとDQHとぷよぷよテトリス以外は圏外だし

任天堂以外のソフトは売れないという状況を打破できていない。

メーカーにしてもユーザーにしても

しばらくは様子見って感じだと思うけど

そういう状況下で毎週コンスタントに4万台はないだろうし

イカ2特需だけでどうにかなるとも思えない。

 

任天堂WiiUの時も1億台売れるって考えていたし

この見通しの甘さはどうにかした方がいいんじゃないかと・・・