読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぢさんもおぢさんになりました。

おぢさんのひとりごとを淡々と。

Windows10標準の「映画&テレビ」を再インストール。

キャプチャのプレビューと

出力された動画で色が微妙に違うので

設定をかなりあちこちいじったわけだけど

犯人はWindowsMediaPlayer12でした・・・

 

Windows10では「映画&テレビ」が標準だけど

副音声が入っている動画で

どういうわけか

副音声側がデフォルトで再生されてしまうので

WMP12で再生すればいいじゃん

ということで「映画&テレビ」はアンインストールしまして。

 

で、いろいろ試している中で

キャプチャした動画をTVにつながっているPS4で再生したら

色がおかしいこともなく問題なさそうなので

動画ではなくWMP12側の問題だろうということで

「映画&テレビ」を再インストール

 

実はWindowsPowerShellをつかってアンインストールしても

ストアから簡単にインストールできるんですよ。奥さん。

まぁ、ストアもアンインストールしていたから

WindowsPowerShellでインストールしたんだけど・・・

 

管理者権限で起動して

「Add-AppxPackage -Register "******\AppxManifest.xml" -DisableDevelopmentMode」

※「******」はパス。バージョンで違う模様。今回は

「C:\Program Files\WindowsApps\Microsoft.ZuneVideo_10.17022.10311.0_x64__8wekyb3d8bbwe」だった。

 

と入力。

名前を確認してからの方が安心。

 

「映画&テレビ」で動画を再生すると

色がおかしいこともなく普通。

エンコードの設定を変えてはキャプチャそして確認

その繰り返しで結構な時間を消費したけど

なんだろうね。この徒労感。